【投資?投機?】仮想通貨について解説

投資
スポンサーリンク

どうもー!パスタです!

詳しいプロフィールは以下の記事で紹介しています

【ブログ開設記念!】パスタの自己紹介と当ブログの目的について解説
パスタの社会勉強ブログです。今日の記事ではブログの目的、筆者の自己紹介、パスタの由来、ブログを始めた理由について解説しています。よかったらチェックしていってください。

みなさん仮想通貨は知っていますか?

なんだか仮想通貨はこわいと思っている人も多いと思います

しかし仮想通貨は今後何倍にもなるポテンシャルを秘めた金融商品です

というわけで今日は”仮想通貨について”解説していきます

よかったら見ていってください!

スポンサーリンク

仮想通貨とは

仮想通貨ってなんだっけ

仮想通貨とは、インターネット上で電子データのみでやりとりされる通貨のことで、世界中どこでもリアルタイムに決済や送金を行うことができます

仮想通貨は、国家や中央銀行が管理する円やドルのような価額が決まっている法定通貨とは異なり、管理する組織が存在しません

その代わりにブロックチェーン技術によって記録・管理されています

ブロックチェーン技術:多人数で同一データを分散保持して安全に取引を管理するシステム

ブロックチェーン技術はデータが改ざんされにくい安全な技術とされています

また仮想通貨は価値を保持するために、その種類によって発行枚数の上限が定められています

したがって需要と供給によって価値が大きく増減するという特徴があります

  • 仮想通貨とはインターネット上で電子データのみでやりとりされる通貨
  • 仮想通貨は発行枚数の上限が定められている
  • 仮想通貨は需要と供給によって価値が大きく増減する
スポンサーリンク

仮想通貨の種類

仮想通貨ってどんな種類があるのだろう

仮想通貨は現在15,000を超える種類が存在しています

そのうち特にメジャーである「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」について紹介します

ビットコイン

ビットコインは世界で最初につくられた仮想通貨です

時価総額は仮想通貨で1位で、2021年には史上最高値の800万円に達しました

かなり有名な仮想通貨なので誰もが一度は聞いたことがあると思います

2008年10月にサトシ・ナカモトという人物がインターネットに「ブロックチェーン技術を使った中央管理者のいない決済システム」という論文を公開したのがきっかけとされています

その他の仮想通貨はこのビットコインをもとに作られました

ビットコインは価値の保存や送金などの決済に向いている仮想通貨といわれています

エルサルバドル、中央アフリカの2か国がビットコインを法定通貨として承認しており、今後の動向には注意していきたい銘柄です

イーサリアム

イーサリアムは2013年に誕生した仮想通貨です

時価総額は仮想通貨で2位で、2021年には史上最高値の48万円に達しました

イーサリアムはビットコインと比べて複雑な取引や大量に取引に向いているといます

近頃話題のNFTのほとんどはイーサリアムのブロックチェーン上で流通しているものであり価格の推移は気にしていきたい銘柄です

NFTについては今後機会があれば解説していきたいと思っています

リップル

リップルは2012年に誕生した仮想通貨です

時価総額は仮想通貨で8位で、2021年には史上最高値の400円に達しました

リップルの最大の特徴は専用の分散型台帳管理システムを使っており、仮想通貨で一般的なブロックチェーンは使われていないことです

リップルはビットコインやイーサリアムとは少し違う仮想通貨なんですね

 また国際送金に特化している仮想通貨といわれています

  • 仮想通貨には15,000を超える種類が存在している
スポンサーリンク

投資商品としての仮想通貨

投資向きかな

仮想通貨での投資は、主に仮想通貨自体の値上がりによる値上がり益を目的とするものです

ただし価格の変動(ボラティリティ)が大きいため、一度に多額の金額を投入してしまうと、投資初心者には値下がりに耐えられない可能性があります

そのため余剰金で無理のない金額から、コツコツと積み立てていく投資がおすすめです

仮想通貨による投資は税金についても注意が必要です

仮想通貨で得た利益は雑所得という所得に分類されます

雑所得は給与所得などの他の所得と合算され、その合計に対して以下の通りに税率が決定します

国税庁 所得税の税率

つまり所得が大きくなるほど税率が上昇し住民税10%と合わせて最大55%の税率の対象となります

ちなみに株式やFXなどの投資にかかる税率は一律20%となっています

せっかく仮想通貨で利益がでても、利益の半分以上もっていかれると思うと悲しいですね

しかも給料にかかる税率まで増加するし、、笑

はやく株式やFXと同じ制度に整備してほしいです

  • 仮想通貨の投資は小額からコツコツと積み立てる
  • 仮想通貨の利益にかかる税率は最大55%
スポンサーリンク

仮想通貨の今後

仮想通貨はこれからどうなっていくのだろう

仮想通貨は今後、NFTやメタバースと連動してさらに存在感を高めていく通貨であると考えています

米国ではビットコインに投資するETF(上場投資信託)まで登場しました

またビットコインにはストックフローモデルと呼ばれる将来の価格を予想したモデルがあります

赤線が実際の価格の変動、青線がストックフローモデルです

おおむねモデルに沿った動きをしていることがわかります

モデルによると2025年にはビットコインの価格は1億円となり現在から30倍近くになるとされています

そんなわけと思われる人もいると思いますが、かつて40円ほどだったビットコインが300万円近くなっていることを考えると全くない話ではないという風に感じます

  • 2025年には1ビットコインが1億円になるかも、、
スポンサーリンク

まとめ

今日は”仮想通貨について”解説してきました

まだまだ投資商品として安定した商品ではないと思いますが、小額から少しずつ初めて見るのはありだなと考えています

私は遊び半分で仮想通貨に投資して値上がりしたらラッキーぐらいの気持ちで仮想通貨に投資しています

みなさんも分散投資の一角として仮想通貨も考えてみてはいかがでしょうか

ここまで読んでいただきありがとうございます

次の記事は”高配当株研究”です

んじゃー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました