【資産形成の基本!】投資信託について解説

投資
スポンサーリンク

どうもー!パスタです!

詳しいプロフィールは以下の記事で紹介しています

【ブログ開設記念!】パスタの自己紹介と当ブログの目的について解説
パスタの社会勉強ブログです。今日の記事ではブログの目的、筆者の自己紹介、パスタの由来、ブログを始めた理由について解説しています。よかったらチェックしていってください。

初心者の人が投資を始める際に、第一の候補となるのが投資信託です

しかし「投資信託ってなに?」「どうやって買うの?」という人もいると思います

というわけで今日は”投資信託について”解説していきます

よかったら見ていってください!

スポンサーリンク

投資信託について

投資信託ってなんだろう

投資信託とは、多数の投資家から資金を集めて元手とし、運用の専門家が株式や不動産などに分散投資するものです

投資で得た利益は投資家に配分されます

多数の投資家から資金を集めるため、少ない金額から投資を始めることが可能です

また、運用の専門家が代わりに投資をしてくれるので難しい知識や手法を覚える必要がありません

そのため、これから投資を始める人投資を始めたての人に強くお勧めできる投資方法というわけです

しかし投資をするという以上ある程度のリスクは発生します

投資信託では、元本割れする可能性があるため、どの投資信託(ファンド)を買うのかを投資家が選ばなければなりません

  • 少ない金額から投資が可能
  • 運用の専門家が分散投資してくれるため難しい知識や手法が不要
  • 元本割れの可能性があるためよいファンドを選ぶ必要がある
スポンサーリンク

投資信託の仕組み

どういう仕組みなんだろう

投資信託は、「投資家」「販売会社」「委託会社」「受託会社」「金融市場」の流れで成り立っています

出典:楽天証券 

銀行や証券会社などの販売会社投資家から申込金という形で資金を集めます

集められた資金は信託銀行などの受託会社によって保管・管理されます

受託会社は集められた資金を用いて、委託会社の指示に基づき株式や債券などの運用を行います

運用によって得た収益は受託会社から委託会社、販売会社を通して投資家個人に還元されます

運用を指示する会社と資金を保管する会社が異なっていることで、投資家の資産を安全に運用することができるのです

投資信託には複数の会社が仲介するため、運用にはコストがかかります

  • 購入時手数料:購入時に販売会社に払う手数料
  • 運用管理費用:販売会社、委託会社、受託会社の業務に支払う手間費
  • 信託財産保留額:換金時に徴収される手数料

投資信託の購入時には「購入時手数料」、運用中には「運用管理費用」、換金時には「信託財産保留額」がかかるということです

ただし最近は購入手数料や信託財産保留額がかからないノーロード型の投資信託や、運用管理費用が少額である投資信託などが多数存在しています

  • 投資信託は「販売会社」「委託会社」「受託会社」によって運用される
  • 投資信託の運用にはコストが発生する
スポンサーリンク

投資信託の種類

どんな投資信託があるのかな

運用対象による違い

運用対象による違いには「公社債投資信託」と「株式投資信託」があります

公社債投資信託は、株式を一切組み入れずに債券中心に運用を行う投資信託です

特徴として、比較的値動きが安定しているという点があります

株式投資信託は、株式を組み入れて運用を行う投資信託です

特徴として、世界経済の景気に大きく影響を受けるという点があります

運用方針による違い

運用方針による違いには「インデックスファンド」と「アクティブファンド」があります

インデックスファンドは、日経平均やTOPIX、NYダウなどの指数に連動することを目的とする投資信託のことです

特徴として、手数料が安く、長期的に運用することで世界経済全体が成長する恩恵を受けられるという点があります

アクティブファンドは、日経平均やTOPIX、NYダウなどの指数に上回ることを目的とする投資信託のことです

特徴として、手数料が比較的高いが、インデックスファンド以上の成果を出すことがあるという点です

上場投資信託

投資信託には、株式のように上場している(証券取引所で取引されている)上場投資信託があります

投資信託は証券会社や銀行などで購入ができ、基準価額は運用会社によって一日に一回決定しています

一方で上場投資信託は証券会社でしか購入できず、基準価額は株と同様に常に変動してます

主な上場投資信託として日経平均やTOPIX、NYダウなどの指数に連動するETFや、不動産投資を行うREITなどがあります

  • 公社債投資信託と株式投資信託がある
  • インデックスファンドとアクティブファンドがある
  • ETFやREITなどの上場投資信託がある
スポンサーリンク

投資信託の選び方

どのような投資信託を買えばいいのかな

投資信託を選ぶ際にはいくつかのポイントがあります

ここでは私が実践している運用方針についてお話します

ベンチマークに連動した投資信託である

投資信託にはインデックスファンドとアクティブファンドがあるということは先ほど紹介しました

長期投資を前提とした場合、インデックスファンドがおすすめです

なぜならばアクティブファンドはインデックスファンドに勝てないからです

世界最大の指数提供会社であるS&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズの2016年の調査によると、米国株式のアクティブファンドのインデックスに対する勝率は1年で15%5年で8%10年で15%しかなく、全期間を通しても10~15%の勝率しかありませんでした

指数を上回るアクティブファンドが指数に連動するインデックスファンドに勝てないとはどういうことでしょうか

大きな要因としては運用コストの大きさにあります

運用コストが少額である

運用コストが高い投資信託を運用していると、単純に投資の収益が減ってしまいます

仮に運用コストが2%の投資信託では、5%の利回りで運用できたとしても収益は3%になってしまいます

これがアクティブファンドがインデックスファンドに勝てない理由です

なるべく手数料が少ない投資信託を選ぶようにしましょう

成長性のある国に投資する投資信託である

成長性のある国に投資することによって比較的高い利回りを目指すことができます

おすすめは米国に投資する投資信託、または全世界に投資する投資信託です

全世界といっても投資割合の約6割を米国が占めています

米国は先進国で唯一人口が増加しているまだまだ成長性のある国です

現時点で世界No.1の経済力を持ちつつ、さらに伸びしろのある国なんて魅力的ですね

  • インデックスファンドを選ぶ
  • 運用コストの少ないファンドを選ぶ
  • 米国または全世界に投資するファンドを選ぶ
スポンサーリンク

まとめ

今日は”投資信託について”解説してきました

NISAやiDeCoなど非課税で投資できる優遇制度を利用して投資信託に投資すれば、より効率的に資産形成を進めることができます

積極的に投資して資産形成を進めていきましょう

次の記事は”高配当株研究 Part 3”です

ここまで読んでいただきありがとうございます

んじゃー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました