【意外と知らない?】税金について解説

税金
スポンサーリンク

どうもー!パスタです!

詳しいプロフィールは以下の記事で紹介しています

【ブログ開設記念!】パスタの自己紹介と当ブログの目的について解説
パスタの社会勉強ブログです。今日の記事ではブログの目的、筆者の自己紹介、パスタの由来、ブログを始めた理由について解説しています。よかったらチェックしていってください。

早速ですがみなさん税金って知っていますか?

いきなり変な質問でびっくりしましたよね笑

私たちは日々の生活で必ず税金を納めています

なんとなく払っている税金も一度復習してみましょう

というわけで今日は”税金について”解説していきます

よかったら見ていってください!

スポンサーリンク

税金とは

税金ってなんだっけ

まずは税金とは何かおさらいしましょう

税金とは、年金・医療などの社会保障・福祉や、水道、道路などの社会資本整備、教育、警察、防衛といった公的サービスを運営するための費用を賄うものです。

財務省 税制(国の税金の仕組み)

つまり私たち一人ひとりが支払う、日本の社会全体を支えるためのお金のことです

日本には約50種類の税金が存在しており、私たちは日々の生活の中の多くの場面で税金を支払っています

「税金なんて払いたくない!」という人もいるかもしれませんが税金を納めることは国民の義務とされています

そのため税金を支払わなかった人は、脱税行為として税務署に支払いを迫られたり、法に裁かれることになります

税金は正しく確実に納めましょう

  • 税金とは社会を支えるお金
  • 税金を納めるのは国民の義務
スポンサーリンク

税金の使い道

税金は何に使われているのだろう

令和3年度において国民の税金による国の歳入額は57.5兆円で、国の借金である公債金を加えると総額106.6兆円となります

私たちには想像もつかない額ですね

106.6兆円の税金のうち、私たちの生活のために使われている66.9兆円の使い道を紹介していきます

1.社会関係補償費(35.8兆円)

社会関係補償費は年金、医療、介護、子育て支援などに利用されているお金です

病院での支払いを補助しているのもこのお金げ使われています

年金、医療、介護に関する金額は高齢化に伴って年々増加しているため、その多くは国の借金に頼っています

私たちは税金を納めることで、年金や医療費を受け取ることができるのです

2.公共関係事業費(6.0兆円)

公共関係事業費は私たちが利用する道路、インフラ設備、空港などの保全や町や公園の整備に利用されているお金です

公共関係事業費は今後の人口減少を見据えて平成9年度をピークに減少しています

私たちに最も密接な税金の使い道ですね

3.文教及び科学振興費(5.4兆円)

文教及び科学振興費は教育・科学技術の発展に利用されているお金です

義務教育である小学校・中学校での教科書の配布や、私立学校への援助などが行われています

また、宇宙開発や海洋開発の科学技術の振興にも利用されています

学生時代にお世話になった人は多いはず

4.防衛関係費(5.3兆円)

防衛関係費は国の防衛力の強化や自衛隊の維持運営のために利用されているお金です

あまりなじみのない分野だと思います

災害時の自衛隊派遣などを想像してもらえればわかりやすいと思います

  • 令和3年度における国民の税金による国の歳入額は57.5兆円
  • 税金は私たちの生活のあらゆる場面で利用されている
スポンサーリンク

税金の種類

どんな税金があるんだろう

直接税と間接税

直接税

直接税は税金を負担する人が直接自分で納める税金です

直接税には、多くの所得を得ている人は納める税金も高くなる傾向があります

したがって高所得者に負担が大きい税金といえますね

主な直接税として、所得税、住民税、相続税、固定資産税などがあげられます

間接税

間接税は税金を負担する人と納める人が異なる税金です

間接税には、皆がサービスなどを受ける際に同じ税率で税金が発生するという傾向があります

したがって低所得者に負担が大きい税金といえますね

主な間接税として、消費税、たばこ税、酒税などがあげられます

国税と地方税

国税

国税は国が課税しており、国民全員に使われている税金です

税率は全国で一つの基準に設定されています

国税は主に申告納税方式となっています

申告課税方式:納税者が自分で税金を計算して申告する

主な国税として、所得税、相続税、消費税、酒税などがあげられます

地方税

地方税は都道府県や市区町村が課税しており、地域住民にとって必要なことに使われている税金です

税率は都道府県や市区町村によって任意に定めることができます

地方税は主に賦課課税方式となっています

賦課課税方式:都道府県や市区町村が税金を計算して納税者に通知する

主な地方税として、住民税、固定資産税などがあげられます

まとめると以下の表のようになります

  • 税金には直接税と間接税がある
  • 税金には国税と地方税がある
スポンサーリンク

まとめ

今日は”税金について”解説してきました

私たちの生活は誰かの税金によって支えられているんですね

なんだか他人に対して優しくなれそうな気がします

みなさんも感謝の気持ちを忘れずにいきましょう

ここまで読んでいただきありがとうございます

次の記事は”仮想通貨について”です

んじゃー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました